一粒の種から
人も企業も、慕われ頼られる存在に、日々成長してゆこう
2001年8月 第99号(有)大阪製作所社内誌


「残暑お見舞い申し上げます」
空蝉






  
  
残暑お見舞い申し上げます。
  
    暑い日が続きますがお体十分にご自愛下さい。

                   有限会社 大阪製作所 代表取締役 後藤 良一






















あっちいいいいいいい〜〜 (~Q~;)

外に出てアスファルトの上を歩いていくと、足の方から溶け出して、そのままメルトダウンして
道路にめり込むんじゃないか? って思えてしまうことありません??






それにしても   
セミ  って朝っぱらからうるさいですね〜〜
毎朝、毎朝、そんなに鳴いて体を壊せへんの??って思うぐらい鳴いています。

何か考えてんですかね〜〜。
いっちょ前に日本の将来を心配してたりなんかして・・・
そんなわけないですよね〜。



オーシ、オシオシオシオシ、オーシ、オシオシオシオシオシ  ←クマゼミ

〜〜ン、ミン、ミン、ミン、ミン、ミン、ミンミン  ←ミンミンゼミ

ツクツクホーシ、ツクツクホーシ、ツクツクホーシ、ホーシ、ホーシ、ホーシ  ←ツクツクボウシ

チイ〜〜〜〜、チイ〜〜〜〜  ←ニイニイゼミ

ジーーーーーーーイ、ジーーーーーーーイ  ←アブラゼミ


これらが朝から一斉に鳴き出すと


オーシ、オシオシミン、ミン、ミン、ツクツクホーーーーーイ ミンミンクホーシ、ツクツクホーシ、ホーーーーイ、ジーーチイ〜〜〜〜ホーシ、ホーシオシオシ、オーシ、 ミイ〜〜ン、ミン、ミン、オシミン、ミクホーシ、ツクホーシ、ツクツクオシオシオシオシ、オーシ、オシチイ〜〜〜〜 ーーーイ、ジーーーーーーーイオシ、オーシ、オシオシオシオシオシン、ミン、ミン、ミンミンツクホーシ、ツクツクホミン、ミン、ミン、ミン、ミシオシオシオシ、オーシ、オシオシオシオ〜〜ン、ミン、ミン、ミン


になっちゃうわけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・じゃっかましいんじゃ!!



一斉に唄うんやったら、せめてモーニング娘ぐらい合わせて唄わんかい!!

って思わず叫び出しそうになっちゃったりもします。






でも、やはり8月7日の立秋を迎えたせいでしょうか?

今日はふと

「もしかして、セミだって何かを一生懸命訴えようとしているのかも知れない??」

って急に思えて来ました。



そうさ、セミだって暑いんだよ。

だけど、自分の命を投げ出してまでも俺たち人間に
何かを訴えようとしているのかも知れないぜ。







瞑想・・・

地球温暖化がいよいよ身近な問題となる今世紀。
この貴重な大自然を破壊しながらいつまで製造業は物を作り続けていけるのだろう??(心配)














もしかして、人類は・・人・
オーシ、オシオシミン、ミン、ミン、ツクツクホーーーーーイ オーシ、オシオシミン、ミン、ミン、ツクツクホーーーーーイ ミンミンクホーシ、ツクツクホーシ、ホーーーーイ、ジーーチイ〜〜〜〜ホーシ、ホーシオシオシ、オーシ、 ミイ〜〜ン、ミン、ミン



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
じゃかましーじゃかましいいんじゃー

うるさすぎて、なんにも考えられへんやんけ〜ボケ!!














・・・・・・

・・・・・・・・・・(反省)




いやいや、気を落ち着けるんだbaby。
たかがセミごときに平常心を乱されるなんて・・・・






平常心、普段の俺に戻るんだ・・・









瞑想・・・

IT関連のメーカーがみんな赤字だらけやモンなぁ〜〜
あの天下の松下が赤字か〜〜(心配)

今後ますます、設備投資が押さえられていく・・・・
仕事減っていくのんちゃうやろか・・・・(不安)

大阪製作所のインターネットとCAD/CAMとNC機械を結びつける新しい加工システムが
これから益々必要になって来るに違いない・・・。

よ〜し、手始めにCAMによる加工の基礎になるデーターベースを秋までに完成させて
















CAD図面から直接データーを・・・データ・・
オーシ、オシオシミン、ミン、ミン、ツクツクホーーーーーイ ミンミンクホーシ、ツクツクホーシ、ホーーーーイ、ジーーチイ〜〜〜〜ホーシ、ホーシオシオシ、オーシ、ミイ〜〜ン、ミン、ミン、オシミン、ミクホーシ、ツクホーシ、ツクツクオシオシオシオシ、オーシ、オシチイ〜〜〜〜 ーーーイ、ジーーーーーーーイ








・・・・・・・・・でえええい!!




製造業者が死ぬか生きるかって時に、脳天気にオーシ、オシオシ
言うてる場合か!!!!










オーシ、オシオシ。「押して下さる?」ってのは栗原小巻(だっけ??)みたいに色っぽく言うモンじゃ〜
(これって、35才以上じゃないとわかんねだろうな〜)































・・・・・・・(反省)

・・・・・・・・・・・・・・(猛反省)














瞑想・・・

景気はどうなるんやろ〜(心配)

月を追って悪化してる見たいやしな〜〜(不安)

「痛みを伴う構造改革」って、わかるけどさ、小泉さん。

こんなの1年も2年も続いたらどんな企業だってぶっ飛んじゃうよ〜〜(弱気)














心配*不安*弱気=・・・オーシ、オシオシミン、ミン、ミン、ツクツクホーーーーーイ オーシ、オシオシミン、ミン、ミン、ツクツクホーーーーーイ ミンミンジーーチイ〜〜〜〜ホーシ、ホーシオシオシ、オーシ、ミイ〜〜ン、ミン、ミン、オシミン、ミクホーシ、ツクホーシ


















・・・・・んがああああ!!


お前らセミの分際で俺様に逆らおうってのかー

よーし、上等じゃねーかー、表へ出ろ表へ!


ヤーイヤーイ、
お前の母ーさん出ベソ、
悔しかったらここまで来ーーーい


















・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

朝から、なにやってんだろう・・・・俺。




















・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・なんで、いらん心配ばかりやってんだ??・・俺。











・・・・・・・・・・・

努力もしないで、弱気ばっかりじゃだめじゃん・・・













オーシ、オシオシミン、ミン、ミン、

おまえら・・・ほんまに朝から元気やな、







オーシ、オシオシミン、ミン、ミン、ツクツクホーーーーーイ ミンミンクホーシ、ツクツクホーシ、ホーーーーイ、ジーーチイ〜〜〜〜ホーシ、ホーシオシオシ、オーシ、

俺も見習わなくっちゃ・・・






オーシ、オシオシミン、ミン、ミン、ツクツクホーーーーーイ ミンミンクホーシ、ツクツクホーシ、ホーーーーイ、ジーーチイ〜〜〜〜ホーシ、ホーシオシオシ、オーシ、 ミイ〜〜ン、ミン、ミン、オシミン、ミクホーシ、ツクホーシ、ツクツクオシオシオシオシ、オーシ、オシチイ〜〜〜〜


そうさ、明日の事をあれこれ心配するより、
まず今日を、精一杯生きて行く事を考えなきゃ。






ヨオ〜シ、ヨシヨシ、オシオシ
オシオシオシ、オーシ

良し良しか・・・

なかなか、お前も・・・
     良いこと言うなあ〜






よ〜〜し、セミに負けずに
今日も一日
頑張るとするかぁ〜!!!




オシ、オーシ、オシオシオシオシオシン、ミン、ミン、ミンミンツクホーシ、ツクツクホミン、ミン、ミン、ミン、ミシオシオシオシ
、オーシ、オシオシオシオ ミイ〜〜ン、ミン、ミン、ミン



セミに朝から元気づけられた『町工場のオヤジぃ』でした。


オーシ、オシオシオシオシ、オーシ、オシオシオシオシオシ←クマゼミ
本土では7月上旬頃現れ、9月上旬まで聞くことができる関西以西では平地〜低山地にごく普通にいる大型のセミ。関東地方が北限で、東京でこのセミの鳴き声を聞くのはまれ。 分布は八重山諸島から関東地方と広い。透明の羽に黒い大きな体。新鮮な個体には金色の微毛が生えている。 本土のオスには腹部背面に白い細い横帯があるものが多く、沖縄本島〜宮古島のものは全くない。逆に八重山のものは太い白帯があり、メスは腹部全体が白粉を帯びる。腹部は硬質。腹弁はオレンジ色。腹部は黒と白。交尾はV字形。

〜〜ン、ミン、ミン、ミン、ミン、ミン、ミンミン ←ミンミンゼミ
7月中旬頃から9月中旬まで聞くことができる、関東あたりでは平地〜低山地にごく普通にいる大型のセミ。翅を含まぬ体長は、オスで35〜37ミリ、メスは33〜35ミリ。他のセミに比べ羽の長さの割に体が短い。分布は北海道から九州だが、北海道では非常に局所的でまれ。透明の羽に淡い緑色の体、胸部背面に黒い紋。腹部腹面もうす緑でとても美しく、上品ですらある。特に羽化したばかりの姿は非常に美しい。名古屋以西では山間部で主に聞くセミ。胸部の斑紋の黒色部分を欠く個体をミカド型、「ミカドミンミン」などと呼ぶことがある。斑紋はかなり変化に富む。

ツクツクホーシ、ツクツクホーシ、ツクツクホーシ、ホーシ、ホーシ、ホーシ←ツクツクボウシ
日本産の中では勿論、恐らく世界的に見ても最も複雑で音楽的な鳴き方をする小型〜中型 のセミ。羽は透明、体は濃いグレーで胸部には濃い緑地に黒い紋がある。新鮮な個体は腹部が金粉の様な微毛に覆われていてとても美しい。早いところでは7月初めから出始めるが、主な出現は8月始め頃とやや遅め。ピークは8月末から9月初旬頃。

チイ〜〜〜〜、チイ〜〜〜〜 ←ニイニイゼミ
6月終わりから7月のはじめにかけて現れ、8月中旬頃まで聞くことができる 最も普通にいる小型のセミ。鳴き声は「チ〜〜」と長く引っ張り、尻下がりにピッチ(音程)を次第に下げて急に上げて戻す、を繰り返す。鳴きはじめや鳴き 終わり、あるいは間奏(つなぎ鳴き)には「チッチッチ・・・」と断続音。日本のセミでは珍しく翅の模様がマダラ。国内では日本本土から沖縄本島にかけて分布しているが、本土産と沖縄産では鳴き方、音のピッチ(周波数)に違いがある。

ジーーーーーーーイ、ジーーーーーーーイ ←アブラゼミ
(7月初旬頃現れ、9月下旬頃まで聞くことができる平地〜低山地にごく普通にいる大型の セミ。日本の夏を代表するセミの1種。全長はメスが大きい。 分布は北海道から九州。褐色の地に黄緑の翅脈の羽に黒色〜赤褐色の体。腹部両側は白粉で おおわれる。腹部は硬質。)


セミの家
http://homepage2.nifty.com/saisho/Zikade.html

以前にも「心配するな、なんとかなる」というお話しをしました

「トンチで有名な一休禅師さんが亡くなる時のお話です。
いよいよ死が目前に迫ったことは一休さんにもまた弟子達にもわかりました。
不安がる弟子達に一通の封書を渡し、「この先、この寺で本当にどうにもならないような事が起こったらこれを開きなさい。」と言い残しました。
何年かたって寺に大変な難問題がふりかかり、どうしようもないので弟子達が集まって、その封書を開いてみるとそこには、「心配するな、なんとかなる。」とだけ書いてあったそうです。
それを見た弟子達は落ち着きを取り戻し、難儀を無事に解決できたというお話しです。」



いらない心配ばかりをしていると、向上心や勇気がめげてしまいそうになります

来るとも来ないとも分からない漠然とした不安に負けないで、今日の努力を忘れず実行していきたいと
思っています。

ピンチこそチャンスです。
大阪製作所の今後にご期待下さい。