ホーム 会社概要 技術紹介 設備紹介 品質について よくある質問 マスコミ取材 お問い合わせ サイトマップ
「微細・微小・超精密加工技術」と「大型加工技術」との融和を目指す 大阪製作所
会社の歩み


大阪製作所は、アルミ、ステンレス・銅・チタン・コバールなど
精密機械部品加工を得意とする43年の実績を持つ精密加工技術の専門業者です。
  有限会社 大阪製作所
  担当者 後藤良一
  〒581-0853
  大阪府八尾市楽音寺5-137
 
  TEL 0729-41-1813
  FAX 0729-41-8630

HOME >会社案内・概要 >会社のあゆみ →サイトマップ



会 社 の あ ゆ み(1)
1959年
9月
現会長後藤誠一が個人営業としてステンレス製機械部品製造を目的として、八尾市跡部にて創業開始。 最初は、農機具部品の製造からスタートでした
同   年
10月
ステンレス製動力噴霧器の部品製造を開始。 当時は良い刃物も無くてなかなか削れませんでした
1969年
9月
業績拡大に伴い、有限会社大阪製作所に改組。社屋も現在の八尾市楽音寺に移転。  資本金200万円。 
1983年
8月
CNC旋盤導入開始。
同   年
10月
CNC旋盤を続いて2台導入。 時代と共にNC旋盤を導入
1984年
 
ステンレス製バイオテクノロジー関連機器、理化学機器等、高品質精密機械部品製造開始。 ステンレスの加工技術を生かして高品質加工にシフトして行きました
1985年
SKD合金精密機械部品製造開始。   
  (射出成形機ノズル部品)
この時期は新しい市場を模索していました
1986年
 
焼き入れ鋼(HRC60°)を切削加工による仕上げ加工術の確立によりコストダウンに成功。  (自動車クラッチ部品) 
1990年
7月
複合ターニングセンター導入。   
  (半導体製造装置の精密機械部品製造開始。)
市場を半導体製造装置部品と医療分析機器部品に絞ったころです
1991年
6月
工程集約を目指してマシンングセンター導入。   
  (真空産業機器精密機械部品の製造開始。)
会 社 の あ ゆ み(2)
1991年
12月
CSS加工技術の研究開発に着手。 独自の加工技術の開発を目指しました
1992年
3月
弊社加工技術が業界専門紙“機械技術”(日刊工業新聞社)   
に紹介され注目をあびる。 
同   年
9月
セラミック、FRP等新素材加工技術の研究。 
1993年
2月
微小深穴加工技術の研究開始
同   年
3月
セラミックスにマシニングセンターによるM4のネジ立てに成功。  セラミックを汎用のマシニングで加工できないかとやってみましたが、ある程度は成功しましたが受注につながらず・・
同   年
4月 
微小深穴加工技術によってφ0.06穴加工に成功。 非鉄や、樹脂ではほぼ安定して加工が可能です
同   年
10月
医療、分析機器精密機械部品の製造開始。
1994年
6月
マシニングセンター設備増強。
1995年
3月
東北大学 末光助教授のご指導を頂くとともにNew・ク リーン切削技術の研究に着手。 EL加工技術の低コスト化を目指します
同  年
5月
CNC旋盤設備増強。 
同  年
8月
CSS加工技術を用いた半導体製造装置の精密部品製造開始。
同   年
12月
資本金300万円に増資。
  会 社 の あ ゆ み(3)
1996年
5月
New・クリーン切削技術を用いた半導体製造装置の精密部品製造開始。 
同   年
8月
薄板アルミ合金精密加工技術の確立。  
   (半導体製造装置ロボット用ピックの製造開始.) 
弊社、ピックは平面度0.05〜0.1以内です。歪が少ない
同   年
11月
三和総合研究所「三和総研ベンチャー事業化研究会」に「CSS加工技術」と「New・クリーン切削技術」が選考される。 
1997年
5月
マシニングセンター設備増強。
1997年
10月
創業者 後藤誠一が会長に就任し、後任の代表取締役社長に後藤 良一が就任する。 38歳で社長に就任しました、最初の2年は胃が痛くなることもしばしば。
1998年
3月
アルミ鏡面切削加工技術の開発に着手 あくまで汎用の機械で鏡面切削の実現を目指します
1998年
9月
アルミ鏡面切削(旋盤)加工技術の確立、 旋盤で外径、内径、端面を0.2〜0.6Ryの表面粗度を実現!!
1999年
4月
内面鏡面アルミ製真空チャンバーの受注開始
2000年
3月
樹脂厚み200ミクロンのシートに50μmの穴、約500個を8.5分(約1秒/穴)で空ける高速微小深穴加工技術の成功。速さではレザー加工に負けません!! 光(レザー)より早い高速微小深穴加工に成功しました
2000年
5月
平成12年5月30日 大阪府より中小企業創造活動促進法の認定
(第216−14号)を受ける。(鏡面切削加工技術の開発と応用)
2001年
12月
「「関西IT戦略会議」主催 「関西IT経営百撰」 コンテストで 優秀賞受賞。
2002年
12月
「関西IT経営百撰」コンテストで2年連続入賞。
2003年
4月
大阪府より中小企業経営革新支援法の認定を受ける。
2003年
5月
大阪府より中小企業経営革新支援事業補助金の交付企業の認定。
2003年 24時間 365日 20度±0.3度の高温検査室設置
高精度仕様のCNC3次元画像測定器を設置
2003年から
2005年
戦略的技術高度化支援事業(近畿経済産業局)の委託研究開発事業「金型によるファイピッチ電子回路パターニングに関する研究開発」に参画
2004年 高精度マシニングセンター導入 高精度ワイヤー放電加工機導入
2005年
5月
経済産業省主催 「IT経営百撰」 優秀賞 受賞
2006年
10月
経済産業省主催 「IT経営百撰」 優秀賞 2年連続受賞
2006年 大型CNC旋盤の導入
2005年から
2008年
ものづくり革新事業(近畿経済産業局)の委託研究開発事業「三次元ナノ階層構造形成技術による高機能部材の開発」に参画
 
ホーム 会社概要 技術紹介 設備紹介 品質について よくある質問 マスコミ取材 お問い合わせ サイトマップ