New&Grow 人・技術・品質
大阪製作所  社内紙

「一粒の種から」〜望郷編その2

以前手書きで書いていた「一粒の種から」をUPしなおした物です。
時間が有るときに”抜粋”して順次UPして行きます。
 

95年を振り返って
95,12,22 vol、66


今年も残り10日程になりました
正直言って本当に色々なことが有ったなぁーと言うのが感想です(神戸淡路大震災、オウム、円高)
10年に1度いや、50年に1度、有るか無いかの大事件が続きました。
私達「モノ作り屋」にとりましても激流にもまれた1年でした。
・生産設備   ロボット付きNC旋盤の導入
・生産管理   作業標準マニュアル作成
・技術研究   CSS加工技術、New・クリーン切削技術
・工場の増築  11月に実施

出来ることから1歩づつの気持ちで進んだ1年でしたが、まだやりたいことが沢山残ってしまいました
来年も自分自身の可能性を信じて進むこととしましょう。
良き年をお迎え下さい。来年も宜しくお願い致します。

「生かされて、生きているんだなぁ」
95,11,22 vol、64、65


先日、お客様のありがたさ、協力して頂いている外注先のありがたさを身にしみて感じる、そんな大事件が
有りました。
それは、11月13日(月)早朝の出来事でした。
マシニング担当の3男、昭氏が通勤途中から急に腹部が痛み出し、ついに激痛となりました。
顔面は蒼白となり救急病院に担ぎ込まれました。病名は尿路結石。
尿路結石は神経を直接刺激するので、女性の陣痛や、歯痛と共に「3大痛」の病気なのです。
まさに、七転八倒の苦しみです。
実は、その当日あるお客様の最終納期を約束した日でも有り、本人も含めわたしも真っ青になりました。
すぐに、お客様に事情を話したところ
「あれは(尿路結石)は痛いよ。よし、ユーザーに何とか話してみてあげるよ」とありがたい言葉。
次に、外注さんの社長さんに、代品の加工をお願いしましたら
「わかりました、事情が事情ですから、他の仕事も有りますが、なんとかしましょう」と言って頂き
徹夜に近い形で仕事を入れて頂ける事になりました。
おり返すTELで、納期を2日程猶予頂いて、なんとかこのピンチを乗り切ることができました。
商売って・・・、いや、生きていくって、やっぱり一人だけの力では無いのだなぁ、と感じました。
色々な人とのつながりの中で「生かされ、生きている」このことを実感した事件でした。
ありがとうございました。 感謝、感謝。

人が欲しい欲しいときには・・・
95,10,21 vol63


私達の会社は、今まさにターニングポイントに来ています。
それは「全てのモノ作りのスピードをアップ!!」への挑戦です。
つまり2週間かかっているモノ作りを1週間に、1週間かかっている物は3日で完成させる体制作りへの
挑戦です。
私達は”雑”なモノ作りはしていません。
より高品質な製品作りを、第1の目標としてきました。
現在のお客様からも「大阪さんは良い製品を作ってくれる」と喜んで頂いています。
しかし、市場は高品質と共に、いや、それ以上に”スピード”を要求しているのです。
ならば、私達は、”高品質加工とスピードアップの両立”を目指して行かなければなりません。
それには、やはり「人」です
しかも、優秀な「人」でなければなりません。
前に、「金が欲しいときは人を追いなさい」と書きましたが、それでは「人が欲しいとき・・」には
何を追うのでしょうか??
リストラの嵐が吹き荒れる今、時代の流れに逆らってでも、この答えを探さなくてはなりません。


金が欲しいときは人を追いなさい
95,10,21 vol62


「金が欲しいときに、金を追ったらあかんで、金が欲しいときは人を追いなさい」
これは、私が尊敬する会社の社長さんから教えていただいた言葉です。
私達の会社は、この八月頃から売上が落ちています。
色々と、周りの人にお聞きしても、世間全般に同じような傾向のようです。
しかし、経営者として売上が落ちました、赤字が出ました、会社がつぶれました、とは口が裂けても
言えません。
無い知恵を絞り、血の出るような努力を断行して、利益を出さなくてはなりません。
そこには、それぞれの会社の事情に合わせ、さなざまな方法が有るでしょう。
儲かる仕事だけをやる方法で大きな利益を上げている会社もあります。
必死で原価を下げて対応されている会社もあります。
私達は「人を追う」方法を目指して行こうと思っています。
喜んでいただける製品を、適正な価格で提供し、お客様と共に進んでいきます。