ホーム 会社概要 技術紹介 設備紹介 品質について 微細作業用”Work-video” よくある質問 マスコミ取材 お問い合わせ サイトマップ
「微細・微小・超精密加工技術」と「大型加工技術」との融和を目指す 大阪製作所
C・S・S加工技術


大阪製作所は、アルミ、ステンレス・銅・チタン・コバールなど精密機械部品加工を得意とする
43年の実績を持つ精密加工技術の専門業者です。
  有限会社 大阪製作所
  担当者 後藤良一
  〒581-0853
  大阪府八尾市楽音寺5-137
 
  TEL 0729-41-1813
  FAX 0729-41-8630

HOME >加工技術除法 >CSS加工技術 →サイトマップ

C・S・S加工技術とは汎用機械による限界の精密切削加工(面粗度3〜1Ry)と精密研磨であるポリッシング加工を組み合わせて主にステンレス材を鏡面化(面粗度0.7〜0.3Ry)する加工方法です。
半導体製造の特殊ガスを扱う流体機器の内面などに多く用いられる手法です。

鏡面にする一般的な加工方法にバフ研磨加工がありますが、バフ研磨加工では形状が大きく変形してしまい精密機械部品には適用されません。
弊社は、長年のステンレス加工の実績とノウハウから基本的な精密切削加工技術を確立しポリッシング加工と組み合わせる事により寸法変化のほとんど無い精密鏡面加工を実現しました。

 

詳しくはこちらからお問い合わせください

加工例
φ7.0穴鏡面加工
高真空機器シール面(Oリング溝)の面粗度向上による真空性能および信頼性の向上。
0.7〜0.4Ryにステンレス内面加工
1Ry〜0.9Ryにステンレス全面面粗度向上
CSS加工(精密切削+ポリッシング加工)技術
簡易CSS加工技術
コストは殆ど掛かりません、表面品質の
向上、付加価値の向上にお役立て下さい。
ご質問など在りましたらお気軽にご連絡下さい。
電話 0729-41-1813
→→お問い合わせmailはこちらから
  

担当 後藤
          有限会社 大阪製作所技術部

ホーム 会社概要 技術紹介 設備紹介 品質について 微細作業用”Work-video” よくある質問 マスコミ取材 お問い合わせ サイトマップ