OPM会の活動は、その情熱、斬新な活動などがメデイア、マスコミなどに認められ、大きく取り上げて頂いています。

   
→♪守るよ ものづくり♪ 大阪の中小組織が「ラブソング」
日本経済新聞に取り上げられました

「君とずっと一緒だっと、世界に羽ばたいてみせるよと、心の底から思ってた」。

大阪府の中小製造業11社で構成する異業種交流グループのOPM会(青谷泰行会長)はこのほど「ものづくり」への想いをつづったラブソングを作った。

タイトルは「君を守るよ」。歌詞は機械に向かい新しいモノを創造していく喜びや感動を「君」と例え、厳しい経営環境の中で「君」を見失いそうになる中小企業の切ない思いを表現。会員が共同で、自分の経験や廃業していった同業者の思いを込めて詩を書いた。作曲、演奏は大阪を拠点に活動するアマチュアバンド「ナポレオンフィッシュ」が無償で請け負った。

このほどCD300枚を自費で製作。11日から大阪市内で開催される展示会「関西機械要素技術展」で配布する。青谷会長は「国際間の競争や原材料の高騰に苦しみながらも、ものづくりへの純粋な思いを大切にしようといている中小製造業の存在を広く知ってもらうきっかけになれば」としている。

OPM会は1992年に発足。プレス加工の青谷工業(富田林市)や、微細加工の大阪製作所(八尾市)が参加。産業展への共同出展を始めて10年になることなどを記念して、今春からCD製作に取り組んでいた。
→→異業種交流で新たな価値の創造
   「面白おかしく確実に〜ホームページで個性発揮」
社団法人大阪府経営合理化協会さんの月刊誌に「OPM会」のことを大きく取り上げていただきました 感謝!
→eの魂を訪ねて〜大阪製作所&OPM会 月刊 「コンピューター&ネットワークLAN」 2002年2月号
→ビジネスチャンスの獲得目指して(製造業10社が集うOPM会) ■ザ・ビジネスモールマガジン
→”商売いうもんは社長はんの人柄が大事でっせ”

 
■日刊工業新聞 2001年9月12日

新聞でも注目された「OPM会」
―――2001年9月12日 日刊工業新聞から抜粋  ―――
【東大阪】大阪のモノづくり異業種交流グループ、
「OPM会」(大阪府八尾市楽音寺5−137、中川裕之会長  TEL0729・41・1813)はメンバー企業の若手経営者や次期経営者の”人物像”を強くアピールしたホームページ「ようおこし!OPM会」を立ち上げた。
「BtoB」のネットビジネスで成果を上げるためには技術や製品以前に経営者の人柄や経営ポリシーを評価してもらうことが先決との戦略を打ち出したもので、このHPを12日から大阪・南港のインテックス大阪で開く「中小企業テクノフェアー2001」に、 公開、出展する。

メンバーは、中川鉄工(大阪市)、中西製作所(同)、松本車輌鈑金(堺市)、真田工業所(同)、大陽工業(同)、富士金属工業(同)、泉谷機械工業(同)、大阪製作所(八尾市)、青谷工業(富田林市)、正栄工業(和泉市)の製缶板金加工、精密機械加工、設計組み立て・メンテナンス業などモノづくり企業10社。 
                       
Pでは、経営者のプロフィール、家族構成、趣味などのほか、生い立ち、経営ポリシー、仕事への取り組み姿勢、情熱、先代の教えや思い出、自己評価などをオープンに、経営者の人柄や仕事に対する思い入れをアピールしているのが特徴。

「BtoB」のネットビジネスでは、継続的にHPを見てもらうことが難しいとされていなか、OPM会では共通のHPでまず、メンバー企業のトップを売り込んだ上で、各社のHPにリンクしてもらい息の長い取引に持ち込むのが狙い。

 
連絡先  「OPM会事務局」
住  所  大阪府八尾市楽音寺5-137
T E L 0729−41−1813
F A X 0729−41−8630
担当 後藤 良一
mail opm@osaka-jp.net
    

戻る