ホーム 会社概要 技術紹介 設備紹介 品質について 微細作業用”Work-video” よくある質問 マスコミ取材 お問い合わせ サイトマップ
「微細・微小・超精密加工技術」と「大型加工技術」との融和を目指す 大阪製作所
超精密加工への挑戦!
ワイヤー放電加工


大阪製作所は、アルミ、ステンレス・銅・チタン・コバールなど精密機械部品加工を得意とする
43年の実績を持つ精密加工技術の専門業者です。
  有限会社 大阪製作所
  担当者 後藤良一
  〒581-0853
  大阪府八尾市楽音寺5-137
 
  TEL 0729-41-1813
  FAX 0729-41-8630

HOME >大阪製作所のイチオシ情報! >超精密加工への挑戦!〜ワイヤー放電加工 →サイトマップ


大阪製作所ではさらなる微細・微小・精密加工を実現するために最小ワイヤー線径0.05mmの超精密ワイヤーカットマシンを導入いたしました。

■ワイヤー線径φ0.05mm〜φ0.07の微細加工専門

大阪製作所ではφ0.05mm〜φ0.07mmの超精密微細ワイヤー放電加工を主におこなって行きます。

単純な形状であれば、φ0.07mmワイヤー径加工の時間チャージは @6000円 〜 です。

 
この情報から 「こんなことできないの?」など”課題mail” 頂けましたら、ご返事いたします→


■優れたピッチ精度
高剛性な鋳物構造と高い熱剛性により、超高分解能パルスコーダ(1600万パルス/回転)と0.05μm分解能リニアスケールの性能をフルに発揮し、極めて高精度なピッチ精度を可能としました。


加工条件・加工結果
ワイヤ : φ0.25 真鍮ワイヤ
ワーク材質 : SKD11 25mm厚
加工回数 : 5回
加工穴 : φ10mm, XY各50mmピッチ

面粗さ : 2.5μmRy
ピッチ精度
ピッチ精度
X -0.0008 〜 +0.0012 mm
Y 0.0000 〜 +0.0029 mm


ファナクホームページより抜粋)
■AIパルス制御
AIパルス制御では、単位時間当たりの加工に有効な放電パルス数を正確にカウントし、その有効放電パルス数に応じた速度指令を行います。
その結果、エネルギー密度や放電ギャップが均一化され、従来比で加工速度の約40%アップと高精度加工の両立を実現しました。


■ナノ補間
ナノ補間ではCNC制御装置が、0.001μm(1nm)の細かさでサーボに指令を送ります。これにより、軸移動の誤差の累積が解消され、極めて正確でスムーズな軸移動が可能となりました。
その結果、さらにワンランク上の高精度加工を実現します。


■高精度真円度加工
AIパルス制御の高速・高精度加工と、ナノ補間の正確かつ滑らかな軸制御、およびアプローチ部の食い込み防止機能の効果により、優れた高精度真円加工が可能です。


■新AIコーナー制御
シャープコーナから円弧コーナまで、精密なコーナ精度が得られます。
先行制御を利用した、コーナ直前でワイヤのたわみを取り除く当社独自の方式により、加工経路を変えること無く、正確にコーナ精度を確保します。
また、荒仕上げ加工、ワイヤ径、ワーク材質・厚さ等を問わず、幅広く、正確に制御可能です。

■最良加工面粗さ0.5μmRy
細かな放電パルスを発生するMF(マイクロフィニッシュ)電源を付加することにより、1.5μmRz以下の微細な面粗さを得ることができます。
更に絶縁治具を使用すれば、最良面粗さ0.7μmRz以下が可能となります。



大阪製作所のイチオシ情報!は、お客様がアルミ・ステンレスなど
精密機械部品の製造にお困りになられましたときにお手伝いできる有益な情報を
公開出来るように心がけて行きます。   ありがとうございました。

大阪製作所のホームページを                             
ブックマークして頂いても絶対に損はさせません!!
いつか必ずお役に立つ日が来るモノと信じております。
宜しくお願いいたします。m(_ _)m



お問い合わせは下記までお願い致します。
TEL 0729−41−1813  FAX 0729−41−8630

お問い合わせmail  mail@osaka-jp.net





ホーム 会社概要 技術紹介 設備紹介 品質について 微細作業用”Work-video” よくある質問 マスコミ取材 お問い合わせ サイトマップ