ホーム 会社概要 技術紹介 設備紹介 品質について 微細作業用”Work-video” よくある質問 マスコミ取材 お問い合わせ サイトマップ
「微細・微小・超精密加工技術」と「大型加工技術」との融和を目指す 大阪製作所
1mを越えるステンレスパイプに
微細穴(φ0.1)を500箇所
多数穴加工。


大阪製作所は、アルミ、ステンレス・銅・チタン・コバールなど
精密機械部品加工を得意とする43年の実績を持つ精密加工技術の専門業者です。
  有限会社 大阪製作所
  担当者 後藤良一
  〒581-0853
  大阪府八尾市楽音寺5-137
 
  TEL 0729-41-1813
  FAX 0729-41-8630

HOME >加工技術情報 >1mを越えるステンレスパイプに微細穴(φ0.1)を500カ所多数穴加工 →サイトマップ

大阪製作所では、長さ約1.4mのステンレスパイプに、100ミクロン(φ0.1mm)の穴を約500カ所微細穴加工を行い、しかもクリーンルーム仕様に対応した「パイプ内面完全バリなし仕様」に成功しました。
詳しくはこちらからお問い合わせください

φ100ミクロン穴の拡大です。

これがなんと! 500カ所開いています。

ステンレス材に微小径の穴を開ける加工技術は、途中で欠損してしまう可能性も高く、ノウハウの積み重ねが重要な要素となります。
内面のバリの状況を確認するためにパイプを半分にカットしてみました。

内径4mm、長さが1.4mのパイプ内面に開いた500カ所もの”穴のバリ”を完全にとることが果たして出来ているのか!?
拡大したところです。

完全にバリがとれているのがおわかりでしょうか?

弊社の微小深穴加工技術と微細バリ取り技術の融合によって実現できました。
長さ2m程度まで対応が可能です
完全バリ取りすると、水量が一定となります。


お問い合わせは下記までお願い致します。
TEL 0729−41−1813  FAX 0729−41−8630
お問い合わせmail mail@osaka-jp.net
ホーム 会社概要 技術紹介 設備紹介 品質について 微細作業用”Work-video” よくある質問 マスコミ取材 お問い合わせ サイトマップ