ホーム 会社概要 技術紹介 設備紹介 品質について 微細作業用”Work-video” よくある質問 マスコミ取材 お問い合わせ サイトマップ
「微細・微小・超精密加工技術」と「大型加工技術」との融和を目指す 大阪製作所
微細・微小加工技術


大阪製作所は、アルミ、ステンレス・銅・チタン・コバールなど
精密機械部品加工を得意とする43年の実績を持つ精密加工技術の専門業者です。
  有限会社 大阪製作所
  担当者 後藤良一
  〒581-0853
  大阪府八尾市楽音寺5-137
 
  TEL 0729-41-1813
  FAX 0729-41-8630

HOME >加工技術情報 >微細・微小加工技術 →サイトマップ

大阪製作所では、微小穴あけ加工技術、微細バリ取り加工技術、を中心に様々な微細加工を得意としております。単に加工技術だけでなく微細加工後の検査や、バリ取り作業磨き作業用のビデオマイクロスコープも開発・販売しております。

今回は大阪製作所の加工技術の一例をご紹介いたします。
詳しくはこちらからお問い合わせください

A6061材にφ500ミクロン(0.5mm)の穴あけです。

アルマイト加工後の穴公差が±5ミクロンと厳しいモノでした。

弊社の穴加工はマイクロドリルを使った加工技術です。

写真はφ100ミクロン(0.1mm)の貫通穴あけ加工品です。
材質はSUS316材、板の厚みは800ミクロン(0.8mm)です。

ステンレス材に微小径の穴を開ける加工技術は、ノウハウの積み重ねが重要な要素となります。
次は、非鉄(黄銅)に穴を開けました。

中心の黒く見えるのがソレです。

何ミクロンの穴と思われますか?
拡大したところです。

正解はφ50ミクロンのバリなし穴加工製品です。
鋼材に穴加工と、微細加工を行いました。

穴径φ600ミクロン(0.6mm)、溝幅は200ミクロン(0.2mm)です。

バリも完全に除去しています。
アルミノズル部品です。

比較のために0.5mmのシャープペンシルを一緒に撮りました。

深い溝の底に、φ1mmの座グリがしてあります


お問い合わせは下記までお願い致します。
TEL 0729−41−1813  FAX 0729−41−8630
お問い合わせmail mail@osaka-jp.net
ホーム 会社概要 技術紹介 設備紹介 品質について 微細作業用”Work-video” よくある質問 マスコミ取材 お問い合わせ サイトマップ