ホーム 会社概要 技術紹介 設備紹介 品質について 微細作業用”Work-video” よくある質問 マスコミ取材 お問い合わせ サイトマップ
「微細・微小・超精密加工技術」と「大型加工技術」との融和を目指す 大阪製作所
日刊工業新聞社掲載記事


大阪製作所は、アルミ、ステンレス・銅・チタン・コバールなど
精密機械部品加工を得意とする43年の実績を持つ精密加工技術の専門業者です。
  有限会社 大阪製作所
  担当者 後藤良一
  〒581-0853
  大阪府八尾市楽音寺5-137
 
  TEL 0729-41-1813
  FAX 0729-41-8630

HOME >加工技術情報 >微小深穴加工技術 >日刊工業新聞掲載記事 →サイトマップ

→→お問い合わせmailはこちらから
大阪製作所  アルミ板に微小深穴
直径0.1mm深さ1mm量産加工技術を確立

大阪製作所(大阪府八尾市楽音寺5-137 後藤良一社長 0729-41-1813)は、アルミ合金板に直径0.1mm、深さ1mmの微小深穴の量産加工技術を
確立受注を開始した。

半導体や医療分析機器関連のマイクロマシンの製造に威力を発揮すると見ている。
マイクロマシンの製造に不可欠な微小深穴加工に対するニーズが高まってきたため同社は93年から研究開発を進めていた。

一枚のアルミ板に3000穴を高精度・安定的に開けられることが実証されたため、受注活動に乗り出した。
マイクロドリルを使った加工技術で、問題となっていたバリ取りも解決したという。

微小穴加工は通常レーザー加工に頼ることが多いが深穴だと入り口と出口のサイズが異なるなどの難点があった。

2001年4月13日 日刊工業新聞


ご質問など在りましたらお気軽にご連絡下さい。
電話 0729-41-1813 →→お問い合わせmailはこちらから 


担当 後藤         有限会社 大阪製作所技術部
ホーム 会社概要 技術紹介 設備紹介 品質について 微細作業用”Work-video” よくある質問 マスコミ取材 お問い合わせ サイトマップ