旋盤の渡り職人 〜 藤川 重信


−渡りの職人−

一人の職人が逝きました

俺と親子ほどの差がありながら俺が本当に辛いとき理解して、支えてくれた頑固な職人が逝きました

渡りの職人と呼ばれ、多くの工場を渡り歩きながらどこの現場でも、職人をまとめてきた男気のある、そんな職人でした

大阪製作所に来たのは7年前の初夏のことだったと記憶しています

入社したその日に、俺とタバコの吸う場所の事でけんかをして昼から帰ってしまい、とてもじゃないけどウチでは長く続かない・・

実はそう・・、俺は思っていたんだ・・。

それから、何度も意見の食い違いは有ったモノの、回りの職人さん達をまとめ、アルミ鏡面切削加工技術を一緒に開発して、本当に俺の右腕、俺の良き理解者として、大阪製作所支えてくれましたね。

「これからやで儲かるのは」そうなんども言ってくれたのも貴方でした・・

最後まで俺を信じていてくれた・・・職人が静かに逝きました
                                         
                                                                      合掌


 「工員は、時間内に会社にいて自分が儲けることだけを考える。
俺たち職人は違う、どれだけ時間を掛けても
まず、会社を儲けさせて、それから俺たちが儲ける」
               −藤川重信−

                    享年69才 2001年8月5日 朝8時33分 永眠


                   今晩だけは、少し飲ませてください・・
                
                                  『町工場のオヤジぃ』


osaka-jp.netな人々へ                               大阪製作所のTOPへ